文学座こどもげき委員会 

​ぶんがくざ

ご協賛いただいたみなさまへ

このたびは、ぶんがくざなつやすみこどもフェスティバルにご協賛いただき、誠にありがとうございました。

ここに活動報告させていただきます。

みなさまの温かいご支援により、905,431円の協賛金が集まりました。
この協賛金は、こどもフェスティバルの活動資金として大切に使わせていただきました。

関係者一同、心より御礼申し上げます。

※決算を詳しく知りたい方は、kids.fes2012@gmail.comにお問い合わせください。

詳しい収支報告書をお送りいたします。

こどもげき

​(PDF/7MB)

Blog

Twitter

Facebook

 

ぶんがくざ こどもげきとは

 未来を担うこどもたちに

 文学座では、「生の舞台の面白さをこどもの頃から体験して欲しい」という思いを込 め、2002年にスタートした文学座ファミリーシアターや、日生劇場との共同制作によるファミリーステージを通して、親子で楽しめる上質な作品づくりに力を入れてきました。『アラビアンナイト』『眠り姫』『若草物語』『かぐや姫』などの作品を上演し、こどもからおとなまで多くの皆様にご観劇いただく機会を得ました。
 しかし、こどもにとって長時間着席での観劇は必ずしも理想的な環境とはいえません。

 そこで文学座では、制約の多い劇場空間ではなく、より身近に、より自由に、臨場感あふれるお芝居を全身で感じられるような 企画として、2012年より『なつやすみこどもフェスティバル』をはじめました。 7年目を迎えた2018年は4日間の公演で来場者数が1,000名を超え、たくさんの方々に支持していただける企画に成長しました。演劇はいま、こどもの「非認知的能力」(目標に向かって頑張る力・人とうまく関わる力・感情をコントロールする力など)を育んだり、心を豊かにする情操教育として非常に注目されています。未来を担うこどもたちに、すてきな演劇体験を届け続けるために活動を行っております。
 

​次回公演

​速報!

『桃太郎防災・復興シアター』

公演決定!

2020年1月11日(土)、12日(日)、13日(月)
11時/14時
(受付・開場は開演の20分前)

料金(当日精算・消費税込・全席自由席)
こども  100円!
おとな 1,000円(中学生以上)

会場
文学座 新モリヤビル1階

〒160-0016 東京都新宿区信濃町10
JR中央線・総武線信濃町駅徒歩5分
東京メトロ丸ノ内線四谷三丁目駅徒歩9分

ご予約・お問合せ

CoRich受付…http://ticket.corich.jp/apply/103933/
電話受付…… 文学座 03-3351-7265(11:00~17:30/日・祝除く)
メール受付…… kids.fes2012@gmail.com
①お名前 ②ご希望の日時 ③券種(こどもorおとな)と枚数 ④お子様の年齢 ⑤お電話番号
以上を明記の上お送りください。こちらからの返信をもちましてご予約完了とさせていただきます。
1日経っても返信がない場合はお手数ですが文学座までお電話ください。

 
 

​なつやすみ こどもフェスティバル

毎年、なつやすみに文学座のプロの俳優がこどものためのプログラムとして

手づくりで公演を行っています。

工作30分、お芝居30分の、1時間の公演です。

チケットは、こども100円・おとな1,000円!

気軽に楽しめます。

開演前の待ち時間には、劇場の壁にチョークで自由にお絵描きしてもらい、その絵がそのままお芝居の舞台美術になります。

工作の時間に作ったものはお芝居で使うアイテムになり、会場が一体と なってお芝居をつ くります。

2018年からは工作とお芝居の間に『こどもフェス体操』を導入。

一緒にからだを動かすことで空間に慣れてもらいます。

もちろん、この間にお手洗も済ませていただけます。

2018年より、0歳児から対象にしたベイビーシアター『♪deだっこ(おんぷでだっこ)』をはじめました。

命が巡る四季に合わせて、音楽や動きでつなぐ40分。乳幼児がはじめてのお芝居として、

そして何よりもパパやママが一緒に楽しめるプログラムです。​
 

 

『おはなしの芽』

“おはなし”から、芽がで~て、ふくらんで、は~ながさいて・・・くれますように。
絵本、紙芝居、素話、音楽とおはなし。

こどもフェスティバルでは入場無料の読み聞かせの時間があります。

ベテラン俳優やパパママ俳優の読み聞かせが親子で楽しめます。

こどもげきのこだわり

こども100円・おとな1,000円
「どんな家庭環境のこどもにも観に来てほしい」という思いから、

入場料はこの値段設定を貫いています。

途中入退場OK!

泣いてもOK!

ぐずってもOK!

出て行きたくなったら出て行ってOK!

また観たくなったら戻ってOK!

こどもたちにリラック スして楽しんでもらいたいのです。

ベビーカーも置けます!

効果音が生演奏♪
機械から出す音が苦手な子もいま す。

ぶんがくざこどもげきでは、 木琴やシンバル、ウィンドチャイムなどの楽器を使って生演奏をし ています。

劇場に初めて来た子や暗い所が苦手な子も、お絵かきや工作の時間を過ごすうちに劇場の空間に慣れていきます。

工作は出演者が一緒に作るので、お芝居が始まるころにはみんな仲良し♪

出演者やスタッフのなかには新米ママやパパ、子育てを終えたベテランがたくさんおります。
観に来ていただく親御さんの目線に立って公演を行っています。

文学座こどもげきでは、出張公演を行っております。
詳しくは文学座企画事業部までお問い合わせください。

これまでの出張公演​

川崎市アートセンター『三匹のこぶた』

​調布市の保育園 仙川協会こどもの家にて『三匹のこぶた』

足立区のせきや幼稚園にて『ねずみの嫁いり』

多摩市のからきだ菖蒲館にて はらっぱ子供会『おはなしの芽 ジャックと豆の木』

赤堤 六所神社 「六所の森クラシックコンサート」にて『桃太郎防災シアター』

 
 

お 問 合 せ 


文学座こどもげきでは、日本全国で出張公演を行っております。
詳しくは文学座企画事業部までお問い合わせください。

contact

文学座こどもげき委員会


〒160-0016
東京都新宿区信濃町10

株式会社 文学座
TEL   03-3351-7265(10:00~17:30/日祝休み)
FAX   03-3353-2780
MAIL kids.fes2012@gmail.com

  • 演劇ぼーやsiro
  • ホワイトFacebookのアイコン
  • ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now